アイドルのハッピーエンドの作り方。

元・底辺グラビアアイドル白川花凛のブログです。地下アイドルやメイドを経て大学卒業後のお話などを書いています。

魔法が使えるタイプの運転手さんに会った話。

(∩^o^)⊃━☆゚.*・。


f:id:ouchiyeah:20170629081921j:image

 

小雨の日曜日、久々にタクシーの迎車を使いました。
電話番号を変えてから初めてだったことも忘れてました。

 


行き先を伝えて発車すると運転手さんが、今日ははっきりしない天気ですねぇ〜と雑談をはじめました。

へぇ、そうなんですねぇbotと化している私の適当な相槌にも、運転手さんはマイペースに話し続けています。

 


「運転手さんもやっぱり雨の日は気分が沈むことがあるんですが

 

大雨でしょうがないっていう日もあるし、そういう日に比べたら

今日みたいな日はいい雨の日だなあって思うんですね。」

 


自分のコントロールが上手なおじいちゃんだなあと思いました。

 

“気の持ちよう“ とはわかっていても、心配性でネガティブな性格がなかなか直らないから、こういう人は羨ましい。

 


最寄り駅に着いて、私が車から降りる前に運転手さんが。

 

 

「今日はいい日ですよ、いってらっしゃい。」

 


あ、今日はいい日だって思いました。

 

 

こくち

 

 

曇天の、ひらがなと漢字のギャップ。どんてん。どんどんてんてん。

cloudy irony

cloudy irony

  • Maison book girl
  • ニューエイジ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes