白川花凛公式ブログ「地下アイドルなりのハッピーエンド」

元・底辺グラビアアイドル白川花凛のブログです。

アイドルの有料メルマガって双方デメリットなんじゃね?

 

こんにちは、元アイドルの白川花凛(@shirakawakarin)です。

 

私が現役時代に謎に思いつつも、事務所の方針で配信していた「有料メルマガ」サービス。
なぜ”メール離れ”と言われる現代でもなお、新サービスとしてリリースされるのでしょうか。

マジで毎日の負担にしかならないと思うんですけど。

 

アイドルの有料メルマガとは

 

f:id:ouchiyeah:20180115125912p:plain

 

生メール、アイドルメール、ココだけメールなどなど、月額300円~500円程度で登録するサービスです。

 

アイドルからメールボックスに

 

「やっほ~★○○だよ!新しいパジャマ可愛いでしょ!△△くんはこういうの好きかな…?それじゃあおやすみ★(写メ)」

 

というメールが直で届くようになります。

 

サービスによっては返信が読める場合もあるようですが、私が配信していたサービスはできませんでした。

 

アイドルもヲタクもデメリットだらけでは

Twitterで投稿できる薄い内容

中には有料の分お返しを、と充実したメールを配信しているアイドルもいるかもしれません。

しかし、実際には前述したような、TwitterやInstagramで完結する内容のメールが多いのではないでしょうか。

メルマガの分まで自撮りをし、メールの内容を考えるという日々のタスク。

これは、Twitter、Instagram、ブログなど各SNSを毎日酷使しなければならないアイドルにとって、負荷がかかると言えます。

 

「ここでしか見られない秘密の内容も!?」なんて煽り文句もありますが、ここでしか見られない秘密の情報を配信した日には即日解雇される可能性しかありません。

ネガティブな発言も避けるよう契約時に指導されるので、特にこれといって「ここだけしか!」みたいな内容はないです。

 

ファンもタスクの増加にしかならない

もちろん、更新された各SNSをチェックするというタスクがファンにも課せられます。

ただでさえ配信やらライブやらであっちこっち行ってるというのに、パソコンを開いてもあっちこっち行かなきゃなりません。めんどくさくね?

 

「メル友」という概念の消失

そもそもメールを利用している人は、20代で半数を切り、10代では3割にまで低下しています。

アイドルのファン層に多い30代~40代のメール利用率は2013年より横ばい状態ですが、休日においてはSNS利用率が高まる傾向にあります。

つまり、メールはビジネスの場で使うものと割り切って利用しているのではないでしょうか。

かつては「メル友募集!」なんて言葉も流行りましたが、いつまでこの手のサービスはメル友募集をしているのでしょうか。

 

未だにボーダフォン使ってそう。

 

参考:https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/703111.html

 

で、なんで有料メルマガやってるの?

 

48グループ規模のアイドルでしたら、こういったサービスもアリかもしれません。

しかし、序盤に羅列したサービスに登録しているアイドルは、まだまだ発展途上の地下アイドルたちが多いです。

 

地下アイドルは目先の小銭より、ライブの集客に目を向けた方がいいのでは、と私は考えます。

情報を受け取ってもらえるだけでも、ありがたいものだと思います。

 

なので、もし今から何かしらの情報発信ツールに力を入れるとしたら「LINE@」を利用しますね。

メルマガも配信するとしたら無料で配信します。

 

本当になんでやっているのかわからないサービスです。

まあ一定数登録者がいるからでしょうけども……。

 

 

と、ここまで書いてわかった事実がありました。

ameblo.jp

 

生メール、死んでた。

 

…以上、白川花凛でした!

 

白川花凛スケジュール

 

www.shirakawakarin.com