地下アイドルなりのハッピーエンド

元・底辺グラビアアイドル白川花凛のブログです。地下アイドルやメイドカフェでバイトをしつつ、2017年に大学卒業。アイドルの行く末は幸せであってほしいので幸せになります。

ピンチケ軍団のバブルはいつかはじける。

 


f:id:ouchiyeah:20170725034039j:image

 

こんばんは、元グラビアアイドル白川花凛です。

 

明日大竹まことさんのラジオ出演

文化放送 大竹まこと ゴールデンラジオ

13時から生放送、ポッドキャストで後から聞くこともできます。

 

 

14:25~14:50のメインディッシュでいただかれてきます。

  • 明日卒業を控えている(強い)WiLL凪原
  • Zeppを控えている(強い)里咲りさ
  • 白川(弱い)

ゲスト出演です。神楽坂オールスターズ。

 

バズってる件について

 

地下アイドルが「動員ゼロ」に至るまで……戻るまでの話。

※ここでの動員ゼロというのは、自分目当てのお客さんが0人ということです。

 

rock-ozanari.hatenablog.com

 

こちらのブログを読ませていただいて、非常にダークネスな気分、かつ、未だ馴染めない職場で死んだ顔をしながらのツイートだったので、こんなに反応があって驚いています。

 

さて、この展開を回避するには、地下アイドル自身ははどうしたら良いのでしょうか。

 

 

ピンチケ軍団が付くデメリット

飽きっぽい。

デメリットからの紹介ですみません。

若さ故に、新しいもの好きなところが強く現れがちです。

三ヶ月~半年目安にいなくなりがちです。

 

理由としては

  • 他に楽しそうな現場を見つけた
  • 身内がめんどい
  • 友達がアイドル始めた 
  • なんとなく

など、本当にフラッといなくなります。

 

例外ですが

  • 彼女ができた
  • 彼女ができた(地下アイドル)

も、なぜか高確率で起こります。ふしぎですね。

 

元カノのような扱いをされる

イベントで被ると物販には来てくれるけど、他のグループ(他界先)で予約しているため、ライブすら見ていないことも。

悲しい。

 

しまいには

「いい子だからよろしくな」

「〇〇のことはよろしく頼むよ」

と、周りに紹介される。お前は元カレか?

 

ピンチケ軍団のバブルは崩壊する

彼らはわりと集団で動きます。

自分の予約として来てくれていたぶん、団体でいなくなってしまうダメージはでかい。

調子のいい日平日15人とか呼べていて、突然1桁前半になったときのイベンターさんの「あー…」みたいな視線は辛い。

 

アイドル側は、一気に動員が落ちて、頑張りが足りなかったとか、もっと特別扱いしてあげればとか、自分のことを責めがちだけど

男性関係に心当たりもなくて真面目に頑張ってたなら絶対にそんなことはないから、マジで大学生の気まぐれだから

 

残るものは荒れた現場のイメージ

荒らしていい現場、みたいなイメージがついてしまい、新規が遠のいて、並ばない物販と、伸びない動員。

病む。

 

ピンチケ軍団は悪ではない

突然ついたピンチケに「これからずっとry 」とか言われても、過度の期待はしないほうがいい、と私は思ってます。

 

 でも、本当にその時は1番だって思ってくれてるはず。

(飽きっぽいだけ) 

 アイドルとして最大限の感謝の気持ちを返せば大丈夫です。

 

散々言いましたが、もちろん長く推してくれるピンチケくんもいます。

若いのにすごい一途で素晴らしいことだなと思います。 ありがとう。

 

ピンチケが付くメリット  

 さて、根無し草パーリーピーポーたちと楽しくしく過ごすにはどうしたら?

 

勢いががある現場

別にピンチケ軍団が悪かと言うと、ほんとにそんなことはないです。

むしろピンチケが多い現場は勢いがあると思われます。賑やかですしね、彼ら。

 

話題になり、大きなイベントオファーが来る

すると、今までより大きな箱や、好きなアイドルさんとの共演のオファーがかかったり…ウハウハになりますよね、わかる。

 

でもそこで、出たいライブだけ出てしまうと、動員のハードルがその時(ピーク)の人数になります。

 

自分の実力や既存のファンを改めて見直して、調子に乗らずに。

 

動員だけが多くて、地盤が固まっていないと自覚があるなら、時期尚早だと自分で認めることも大切です。

 

本当に時期尚早なら、オファーした側は数字しか見てないです。

だってよくわからんけどお金になるんだもん。

 

ある意味チャンスですが、その時とバブル崩壊が被ってしまったら、しばらくそのイベントから声がかかることはないでしょう。

だってなんだかよくわかんない上にお金にもならないんだもん。

 

勝負のライブとして大きいイベントに出ることは良いと思います。

せっかくお誘いいただいたわけですし。

刺激も受けるし、人脈も広がるかもしれない。それこそ新規ファンがゆるくてもつくかもしれない。

 

対策

動員は、急に増えるものではなくてじわじわと増えるものです。

 

突然延びた動員に舞い上がらず。

大きなイベントのチャンスは、きちんと選び。

バブルがはじけて、これから先の訪れるかもしれないチャンスを無駄にしないように。

 

今まで通り、謙虚にコツコツやること。

 

ピンチケいる間にファンがその倍くらいに増えればいいんですけどね笑

 

一先ずここまで。

 

 ウィッシュリストをはる