地下アイドルなりのハッピーエンド-白川花凛

元・底辺グラビアアイドル白川花凛のブログです。

TIFに出演する方法

TIF2018の出演者第一弾が発表されましたね。

日本最大級のアイドルフェスである「TIF」出演を目標に活動しているアイドルは数多く存在します。

そんなアイドルたちの間では「TIFに出演する方法」が噂として流れています。

嘘か真か確かめていきます。10割適当です。

 

f:id:ouchiyeah:20180327205636j:plain 

オリジナル曲がないと出演できない

 

→本当(知らんけど)

 

「オリジナル曲ないと出演できないって噂聞くけど、じゃあアイドルネッサンス何なの〜!」というアイドルの声を聞いたことがあります。お前はアイドルネッサンスではない。

アイドルが好きなアイドルはあまり楽曲にこだわらないため、オリジナル曲の重要性を理解していないかもしれません。

歌って踊ることを仕事にしているアイドルにとって、CDは名刺と同じくらい重要です。

名刺交換の際に名刺を持っていないと、相手に非常識と思われてしまいますよね。それと同じです。

私は、グラビアの事務所に入ってすぐ1stDVDの撮影がありました。その時当時の社長に「まずは作品撮らないと売り込みにもいけない」と言われたことを覚えています。

大人は「カバーしか持ち曲がない=オリジナル曲を作るほど力を入れてない」と判断すると思います。

中には、オリジナル曲はまだないけどすごくすごく頑張ってる地下アイドルもいます。しかし、オリジナル曲を作る利益を生み出せず、投資する資本もないのが現実ではないでしょうか。

投資で何とかなる課題ならガンガンお金使った方がいいと思います。お金はなんとでもなるじゃないですか。お金では解決できない問題が次の話です。

 

フジテレビにコネがないと出演できない

 

→本当(知らんけど)

 

コネと言うか「宣材持って営業に来るくらいできるまともな大人を立てろ」ということだと思います。

アイドルは10代~20代の若い女の子を中心に構成されています。つまり、社会経験があまりない子どもです。

「子どもを相手に時間割くほど大人は暇じゃねぇ」という意味だと私は解釈しています。(それでも頑張って聞き出そうとしてくれる大人は意外といますが)

たまにモンスタースペックを持ち合わせたセルフプロデュースアイドルもいますが、私の経験では22歳以上で大人に該当する方が多かったです。

10代で病まないで頭もキレてゴリゴリに運営できるアイドルがいたら、その子は将来経営者になるのではないでしょうか。

 

私はコミュニケーションスキルが低いため、このあたりが全くできません。できない自分を正当化するわけではありませんが、演者にこのスキルはそんなに必要ではないと判断しています。なぜなら営業に特化した人間は地下アイドルの数より多く存在するからです。

ただ、一般常識を兼ね備えた営業特化マンは地下アイドルの運営をサポートをしてくれないでしょう。なぜなら地下アイドル運営は金にならない上に割に合わないからです。

 

それでも、と夢を一緒に追いかけてくれる大人はごく稀ですが存在します。本当にどこで見つけてきているのか不思議でなりません。

私がいたグループは運営に恵まれていて、その方々はリーダーが元バイト先で見つけてきた人たちでした。正直そういったイレギュラーパターンでしか見つけることができないと思います。

 

若い頃は利益主義の大人が悪く見えがちです。しかし、お金にシビアな人の方が信頼できます。

地下アイドル会によくいる目先の小銭稼ぎに必死なネズミ小僧はもちろん別です。

 

だってめちゃくちゃ美味しいご飯をタダで出されたら「何かあるのでは?」と思いませんか。そんなことしてくれるのは親くらいですよね。

いつ現れるかわからない聖人君子を待つよりも、ビジネスとして割り切って付き合える人をどこかから見つけてくる方が手っ取り早いでしょう。

それでも情は多少あってほしいとか願ってしまうあたり、私は大人になりきれていないんだと思います。

 

出禁がある

 

→本当(本当)

 

最後に1つだけ本当のことを書いておくと、出禁出禁言ってると本当に出禁になります。

200組以上のアイドルが出演するTIFも、運営は毎年変わります。明確なTIF出禁リストは存在しないため、こうなったらフジテレビも噂を頼りにするしかありません。

 

TIFって出演者でもない人間が路上でゲリラライブとかやると出禁になるって噂があるんですけど、今回のファイナリストになったことで大々的にTIF出演を果たしたことを素直に祝福したいです!-吉田豪

引用:ミスiD

 

…ということが過去にありました。略。みきちゅ。

 

まとめ

 

まともな大人と夢を追いかける若者がマッチングするアプリがあればなぁ、と思ったのですがアダルトな仕事の温床になる未来しか見えないのでやっぱりそんなアプリできなくていいです。

最後の「噂」は、時に味方になってくれることもあります。ただ、その方向にフルスイングするなら営業特化マンや希少な聖人君子がいることが前提です。

炎上を危機ではなくチャンスに変えることができるのは、つまりそういうことですな。

 

f:id:ouchiyeah:20180327205646j:plain

 

次回は「ギュウ農フェスに出演する方法」と「アイドル横丁に出演する方法」です。(続かない)